趣味

シニアにおすすめSNSを3つ紹介【同世代とつながりたい】

Twitter、Instagram、とりあえず登録してみたものの、何を書いていいのか…。

特に書くことも思いつかなくて、有名人や芸能人をひたすらフォローするだけ。

100%見るだけTwitter
100%見るだけInstagram

見るだけTwitterでも、暇つぶしにはなるし、面白いんだけど。

たまに「おっ!誰かがフォローしてくれた!」と思ってウキウキしながらみてみると、アイコンが何やら妖艶なお姉さん。

ディープ
ディープ
妖艶なお姉さんに用はありません。

若い人たちはフォロワーを増やすのも上手いし、楽しそう。

完璧にアウェー感。

Twitter、Instagramを利用しているシニアのみなさん、そう思ったことありませんか?

60代のスマホ所有率 60.5%
そのうち Twitter利用者 9%
そのうち Instagram利用者 8%
総務省「平成30年度 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」

スマホを持ってる60代が100人いると、その中でTwitterをしている人は9人
Instagramをしている人は8人

少ないですね。

この人数ではTwitter、Instagramでアウェー感があるのも仕方ないことです。

SNSで同世代とつながるためには、同世代の集まるSNSに登録するのが近道です。


シニアのためのSNSを3サイト紹介

シニアのためのSNSを3サイト紹介【同世代とつながりたい】

シニアに特化したSNSを3サイト紹介します。

①『らくらくコミュニティ』
②『趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)』
③『Slownet(スローネット)』

どんなサイトか一つずつ説明していきます。

①『らくらくコミュニティ』について

らくらくコミュニティHP

富士通が運営していますが、もともとはドコモが60歳以上のユーザー向けに始めたSNSです。

会員数 180万人
シニア向けSNSの中でおそらく一番多いです。

登録者数が多い割にはサイトの雰囲気は静かです。
投稿数も少なくて、本当に180万人???という感じ。
「みなさん、元気ですかーっ?」

ドコモと契約した際に無自覚のまま登録した(させられた?)人が多いのかな、と思います。
きっと「らくらくコミュニティ」の会員である意識がゼロの人が多いのでしょう。

ドンキ
ドンキ
らくらくコミュニティに登録してみたものの、積極的に使っていこうという気が湧いてきません。

▼『らくらくコミュニティ』公式サイトはこちら▼
 らくらくコミュニティ

②『趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)』について

趣味人倶楽部HP

会員数 34万人

会員の人たちが積極的にSNSを利用している雰囲気があります。

月間2,000万PVという数字には驚きです。
数字に現れている通り、サイトからみなさんの楽しそうな様子が伝わってきます。

オフ会も毎月1,600回ほど開かれています。

コミュニティカテゴリの種類も豊富で、立ち上がっているコミュティの数も多いです。

ドンキ
ドンキ
どこかのコミュティに参加してみたいです!
日記や写真もたくさんの人が投稿していて、私も投稿できるような気がしてきました。

▼『趣味人倶楽部』公式サイトはこちら▼
 趣味人倶楽部

③『Slownet(スローネット)』

SlownetのHP

会員数 9万人

月間PV数40万PVで②の趣味人倶楽部に比べると少ないです。

真面目な雰囲気がサイトから伝わってきます(根拠はありません。イメージだけの感想です)。

「特集記事」のコーナーがあり、時事ニュースがたくさん掲載されているせいでしょうか?
それが真面目そうな雰囲気になっているのかもしれません。

ドンキ
ドンキ
会員数もPV数も多くないので、サークル数は趣味人倶楽部に比べると少ないです。
でもサイトの雰囲気がとても良いので、どこかのサークルに参加してみたい気になります。

▼『Slownet(スローネット)』公式サイトはこちら▼
 Slownet(スローネット)

『趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)』と『Slownet(スローネット)』がおすすめ

私は『趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)』と『Slownet(スローネット)』の2つを続けてみます。

Twitter、Instagramは見ているだけで、なるほどと思ったり、へーっ!と思ったり。
とても勉強になります。
有名人や芸能人の投稿も楽しく、ためになることもツイートされてたりします。

でも一方通行ではなく、繋がりを求めるのならシニアに特化したSNSに登録するのが一番です。

今読んでいらっしゃるサイト『シニアを楽しむお手伝い』ではシニア婚活に向けての記事もたくさん書いています。

記事を書きながらつくづく思ったこと⇓

今すぐパートナーがほしいと思っている人は「婚活」しなければお相手は見つかりません。
断言します。

ディープ
ディープ
パートナーは欲しいような気もするし、どうでもいいような気もする。
まあ、成り行きかな。

そういう人は、SNSのコミュニティなどで自然な出会いを待つのが最適です。

発信しなければ始まらない

シニア向けSNSに登録しても、発信しなければ何も始まりません。

TwitterやInstagramを見ているだけの時と同じことです。

・いいねをする
・コメントを書く
・フォローする
・自分も日記を書いてみる
・写真も投稿してみる
・コミュニティ(サークル)に入ってみる

会員になったのなら、積極的に発信してみましょう。

慣れるまでは投稿一つするのにも勇気がいります。

せっかく勇気を振り絞って投稿したのに「いいね」がつかない…。
最初の頃はそういうこともあると思います。

でも、あなたの方からフォローやいいねを繰り返していると、あなたへのいいねも増えるし、フォローも増えてきます。

ドンキ
ドンキ
一緒にがんばりましょう!

婚活も同じです

婚活がSNS登録と違うところは、入会したり参加したりする度に、必ず料金が発生することです。
ですから、何でもかんでも「ガンガン入会・ガンガン参加」は不可能です。

でもいったん「ここ」と決めて入会した時は、積極的にサービスを活用しましょう。

待っていても何も変わらないです。

結婚相談所に入会した人

■積極的に仲人と話をして、自分の希望をどんどん伝えましょう。
■仲人が探してきた人は、写真やプロフィールを見た段階でダメ出しせず、とりあえずお見合いをしてみましょう。

婚活パーティーに参加する人

■プロフィールカードは充実させましょう。
■お洒落をして出かけることは忘れずに。
■たとえ気に入った人がいなくても、消去法を使ってとにかく誰かの番号を書きましょう。

婚活サイトに登録した人

■都度課金のあるサイトもあるので、どんどん書きましょうとは言いづらいです(特に男性)が、でもプロフィールを書くのは無料です。
■しっかりプロフィールを書いて、自分のページに訪れた人が不安にならないようにしましょう。

▼シニアシングルで婚活を考えている方。必見です▼

婚活におすすめ【3種類の方法を紹介】60代の婚活にピッタリ60代の婚活には「結婚相談所」「婚活サイト」「婚活パーティー」の3種類がおすすめです。 ども方法も一長一短ありますので、自分にあった方法を見つけてください。この記事では、婚活3種類の特徴を書いています。婚活方法選びの参考にしてもらえたらうれしいです。...
ABOUT ME
ドンキ
60歳バツイチのドンキです。 いろんなことにチャレンジして、人生の後半戦を楽しく過ごしたいです。
こちらの記事もおすすめ