婚活パーティー

【婚活パーティーで上手くいく方法】プロフィールカードを極めるに限る

婚活パーティーには必ずと言っていいほどある「プロフィールカード」。

注意事項に「当日必ずボールペンを持ってきてください」と書いてあります。
それはプロフィールカードの記入があるからです。

婚活パーティーには、その他にアプローチカードなどもありますが、まず初めに書くのはプロフィールカードです。

レイヤー
レイヤー
もちろん書いた経験ありますよね。
ドンキ
ドンキ
はーい、もちろん!
レイヤー
レイヤー
どうでした?
ドンキ
ドンキ
どう書いていいのか悩んでしまって、結構時間がかかりました

婚活パーティーは、トークタイムに入るとプロフィールカードを相手と交換します。

お互い自己紹介した後は、プロフィールカードを見ながら会話をしていきます。

話が盛り上がるか、行き詰まるかはプロフィールカードにかかっていると言っても過言ではありません。

婚活パーティーに参加予定の人、プロフィールカードについて予習をしましょう。

婚活パーティーで上手くいく方法は、プロフィールカードを軽視しないこと

別荘で椅子に座りくつろぐカップル

婚活パーティーの注意事項に「余裕を持って到着してください」「10分前には到着してください」などと書いてあります。

ディープ
ディープ
参加料の支払いはクレジットで済ませているし、あまり早く到着してもガツガツしているみたいで恥ずかしいから、ギリギリに行こう

それは危険な考えです。

婚活パーティーの会場に到着すると、まず受付をします。

受付を済ますとスタッフからプロフィールカードを渡され「待っている間に書いてください」と言われます。

開始までの間にプロフィールカードを書くという大切な作業があるのです。

ですから婚活パーティー開始ギリギリの時刻に到着する人なんて、もうそこでパーティーが終わったも同じです。

開始ギリギリに到着していたのでは落ち着いてカードを書く時間がなく、あわてて書いたカードをトークタイムで相手に渡すことになるのです。

文字は乱雑、内容はいい加減。

がっかり感満載です。

プロフィールカードを記入する作業があるということを念頭において、時間に余裕を持って会場に到着するようにしてください。

プロフィールカードの内容について

実際のプロフィールカードとボールペン

プロフィールカードには次のような項目があります。

名前   年齢
住所   出身地
学歴   職業
家族構成 身長
年収   血液型
星座   休日の過ごし方
好きな芸能人
好きな異性のタイプ
趣味   特技
好きな食べ物
嫌いな食べ物
自己PR
飲酒・喫煙の有無 etc.

会社によって多少の違いはありますが、大差はありません。

記入する項目が多くて、いざ書こうとすると何を書いていいのか戸惑うものです。

ですから、行ってから考えるのではなく、事前に書くことをイメージしておくのがよいと思います。

書き方で気をつけること

①丁寧な読みやすい字

上手な字でなくていいですが、丁寧な読みやすい字で書いてください。

そのためにもギリギリ到着だけは避けたいものです。

どんなに身だしなみがきちんとしていても、ありえないくらい字が汚いとマイナスイメージになります。

字に自信がない人でも「ゆっくり丁寧に」を心がけて書けば大丈夫です。

②少しだけユーモアーを交えて

会話のネタにするためのカードですので、あまり堅苦しく考えなくてもいいです。

多少ユーモアーが交えてあった方が、話もはずみ、印象に残りやすいです。

婚活パーティーでは続けて何人もの人と話をするので、会話が印象に残らないとなると致命的です。

イラストがちょっぴり書き加えてあると、印象に残りやすいですよ。
例えば「好きな食べ物」の項目
ラーメンの手書きイラスト

趣味の欄では「映画」「野球」と一言だけ書いてあるよりも、好きな映画のジャンルや、好きな球団が書いてあると、より話しやすくなります。

③空欄はNG

年齢や年収を書きたくなくて空欄にしている人がありますが、NGです。

「それは、ひ・み・つ」なんて言っていては、何のために婚活に来たのかということになってしまいます。

趣味や特技が何もなくても「超早起き」「超早歩き」「日曜の午後のお昼寝」など、とにかく何か書くことをお勧めします。

トークタイム終了後はアプローチカードを提出

トークタイム終了後は、アプローチカード(カップリングカード)を書きます。

トークタイムで気になった人の番号を書く様式になっています。

会社によって方法に違いがありますので、パーティーの流れについてのスタッフの説明はしっかり聞いておいてください。

トークタイム終了後のよくある流れ

アプローチカードに気に入った人の番号(複数の人の番号を書けます)を書いてスタッフに渡します。

めでたくカップリングしていたら、その人と一緒に帰ることができます。

アプローチカードで気をつけること

シニアカップルが向かい合ってコーヒーを飲む

アプローチカードの番号記入は強制ではありません。

ですから下記のような理由で、どなたの番号も書かないまま提出してしまう人がいます。

それはとてももったいないことです。

アプローチカードが無記入ということは、出会いのチャンスを自ら放棄したようなものです。

せっかく婚活パーティーに参加されたのですから、ぜひ記入して提出してください。

記入しない理由

①気に入った人がいなかった

気に入った人がいなかったからと言って、何も書かずに出すと、確実に「一人で会場を後にする」ことになります。

消去法でも良いですから、どなたかの番号を書いて出すことをお勧めします。

婚活パーティーの短いトークタイムでは、緊張のあまり自分の良さが出せない人があります。

ゆっくり話をしてみたら、実はとても良い人だったということもあります。

せっかく婚活パーティーに参加したのですから、誰かとゆっくりお話をして帰るのもいいものですよ。

②カップリングしてしまったら断りづらい

本命でない人の番号を書いて、もしカップリングしてしまったら、後で断りづらいから書かないと言う人がいます。

せっかく複数の人の番号が書けるのに、断りづらいからと本命の番号しか書かないのも、もったいないです。

あなたが本命にしたということは、他の人も本命にしている確率は高いです。

ということは、あなたとカップリングしない可能性は大です。

そうなると、あなたは必然的に「一人で会場を後にする」ことになります。

カップリング=お付き合いではありません。

本命同士でカップリングして、帰りに食事に行ったものの、お付き合いには至らなかったという話はよくあることです。

アプローチカードの番号記入は「もう少し話をしませんか」という程度の意味です。

せっかく婚活パーティーに参加したのですから、一人で会場を後にすることがないように、ぜひ本命以外の番号も書くことをおすすめします。

③誰にも選んでもらえなかったら恥ずかしい

複数の人の番号を書いたにも関わらず、誰ともカップリングしなかった…。

確かにプライドが傷つきますし、落ち込みます。

そんなことになるくらいなら何も書かない方がいい、と考えて無記入で出す人がいます。

婚活パーティーのカップリング率は50%に満たないと言われています。

ほぼ半数の人が、一人で帰っているのです。

「カップリングしなかったら恥ずかしい」という理由で、みすみすチャンスを放棄するのは何度も言いますが、とてももったいないことです。

婚活パーティーに参加した以上、終了後には絶対誰かと帰るぞーくらいの積極的な気持ちで臨んでください。

そのためには、0人より1人、1人より2人の番号を書いて、カップリング率を高めましょう

▼全国展開『エクシオ』公式サイトはこちらです▼
 エクシオ

▼多彩なパーティースタイル『ノッツェ婚活パーティー』公式サイトはこちらです▼
 ノッツェ

▼特に西日本にお住まいの方『フィオーレパーティー』公式サイトはこちらです▼
 フィオーレパーティー

▼50代の人に『OTOCON(オトコン)』公式サイトはこちらです▼
 「OTOCON(オトコン)」

▼公式サイトに行く前に、各婚活パーティーの口コミや特徴を知りたい方はこちらをどうぞ▼

【60代婚活パーティーおすすめ4店】婚活初心者のはじめの一歩に最適60代対象のパーティーを開催している「婚活パーティー」のお店を紹介しています。お近くで開催されるパーティーへの参加をおすすめします。「身だしなみの整え方」「初対面の異性とのおしゃべりの仕方」が上達します。今後、あなたのお役に立つこと間違いなしです。...
ABOUT ME
ドンキ
60歳バツイチのドンキです。 いろんなことにチャレンジして、人生の後半戦を楽しく過ごしたいです。
こちらの記事もおすすめ