生活

白髪染め以外の良い方法はありませんか【リーズナブルで髪に優しく】

退職をして収入が減ってしまいました。

定期的に美容院で白髪染めをしていたんだけど、金額的に結構厳しいです。

だからこの前ドラッグストアで白髪染めを買って、自分で染めてみたんですよ。

レイヤー
レイヤー
なんか、いまいちでした。
髪の艶はなくなるし、パサパサになるし。
しかも色落ちが結構早い…。
レイヤー
レイヤー
やっぱりちゃんと美容院に行かなくいとダメなのかなぁ。
ドンキ
ドンキ
カラートリートメントって知ってます?

私も50代になったばかりの頃は美容院で染めていました。

でも費用がかかるから、思い切って市販の白髪染めに変えてみたの。

そうすると、レイヤーさんと一緒。

髪は痛むし、色持ちはしないし。

困ったなあと思って、次はヘアカラー専門店に行ったの。

美容院よりは料金が安かったから、しばらく通っていたんだけど、何か「これでいいのかなあ」と思い始めてね。

美容院にしてもヘアカラー専門店にしても、市販の白髪染めに比べると断然きれいに染まるのよね。

きれいに染めてくれる分、自毛が生えてきたら、自毛との色の違いがくっきり出てくるのよ。

それが格好悪くて、結局定期的に通わざる得なくなる。

ドンキ
ドンキ
これが永遠に続くのか…。
絶望…。

そんな時に、「カラートリートメント」を知りました。

我が家のカラートリートメント2本

髪に優しい!

自分でできる!

リーズナブル!

良い事だらけです。

5年くらい使い続けていますが、白髪染めをする気が起こりません。

レイヤー
レイヤー
カラートリートメント?

カラートリートメントがどういうものか、これからレイヤーさんに教えてあげますね。

きっと気に入ると思いますよ。

白髪染め以外で良い方法を紹介します。

白髪染め以外で良い方法はないか

白髪対策をしたいあなたにおすすめする白髪染め以外の方法は『カラートリートメント』です。

髪に優しい!
自分でできる!
リーズナブル!

レイヤー
レイヤー
カラートリートメントは良い事だらけじゃないですか!

そうなんです。

白髪対策にカラートリートメントは超おすすめです。

もう少し詳しく説明していきますね。

◆カラートリートメントのメリット
◆カラートリートメントのデメリット
◆白髪染めをおすすめしないわけ

上記の点について書きますので、最後まで読んでいただけるとうれしいです。

カラートリートメントのメリット

笑顔の白髪シニア女性

白髪染めとカラートリートメントの大きな違い

白髪染め

永久染毛剤と言われ、医薬部外品に分類されています。

染める仕組みは、キューティクルを薬剤で一度開いて脱色してから、染料を髪の内部に浸透させます。

 

カラートリートメント

半永久染毛剤と言われ、化粧品に分類されています。

髪の表面に染料を吸着させることで色を付けていきます。

染めるしくみが白髪染めとカラートリートメントとはまったく違います。

染めるしくみの違いからもわかるように、カラートリートメントには次のようなメリットがあります。

放置時間が短くてすむ
5~10分という短い放置時間で色が入ります。
お風呂でのシャンプーのついでに染めることができます

髪が傷みにくい
白髪染めのように一度脱色をするという工程がありません
そのため髪を痛める心配がないのです。

アレルギーのリスクが低い
白髪染めやヘアカラーには酸化染料によるアレルギーのリスクがあります。
カラートリートメントはアレルギーの心配が少なく、安全性が高いです。

扱いやすい
肌に付くと落としにくい白髪染めと違って、カラートリートメントは洗い流せば簡単に落ちますので、扱いやすいです。

カラートリートメントのデメリット

白髪に悩む男性

カラートリートメントのデメリットは次のとおりです。

一度でしっかり染まらない
カラートリートメントの染料は健康な髪ほど染まりにくいという性質をもっています。

色持ちしない
カラートリートメントの染料は、髪に入りやすく出ていきやすい性質があります。
シャンプーのたびに少しずつ色落ちしていきますので、たびたび使う必要があります

汗ばむ季節は襟を汚すことがある
髪が濡れると色が出てくる特性があります
夏場、頭から流れてきた汗にカラートリートメントの色がついていることがあります。
白い襟には注意が必要です。

白髪染めをおすすめしないわけ

美容院での白髪染めは費用がかかります。

しかし、たとえリーズナブルなヘアカラー専門店であってもおすすめしたくないです。

それは白髪染めに含まれる成分に不安があるからです。

美容院で使用される白髪染めは、市販の白髪染めに比べると、多少は安全性の高いものを選んでいることでしょう。

そうは言っても成分に「酸化染料」が含まれている以上、リスクがあることには変わりがないです。

アレルギーのリスク

白髪染めをおすすめしない一番の理由は、アレルギーの原因となる「酸化染料」が含まれていることです。
酸化染料によるアレルギーは花粉症と同じように、今まで長年白髪染めを継続して使っていて何も起こらなかった人でも、ある日突然アレルギーになってしまう可能性が十分にあり得ます。
今が大丈夫だからと言って、安心はできないのです。

頭皮の痛み

髪の内部まで浸透するタイプの白髪染めには、浸透を促進するために、アルカリ剤と呼ばれる成分が配合されています。
地肌が敏感な人はこれに反応して、頭皮がジンジン・ひりひりとした痛みを感じるのです。

髪の傷み

一般的なヘアカラーは、ヘアカラーの工程の中で脱色を行います。
白髪染めの場合、ヘアカラーに比べると脱色作用は弱いようです。
しかし、少量といえども髪に良くないのは明らかです。
また、キューティクルを開いて内側に色を入れていくので、それも髪にダメージを与えることになります。

ドンキ
ドンキ
何より髪の健康のために、白髪染めは本当におすすめしないです。

体の内面から髪へアプローチ
◆バランスの取れた食事
◆ストレスのない生活
◆適度な運動

髪に直接アプローチ
◆椿油やヘアークリームを使用して、髪に潤いと油分を与える
◆シャンプー後、髪を濡れたまま放置しない
◆紫外線から守る

「ツヤツヤとした元気な髪を取り戻せたら、白髪も気にならなくなる!」というのが理想です。

レイヤー
レイヤー
しかし、そうは言ってもやはり白髪は気になります。

だから髪に優しいカラートリートメントを使うんですよ。

カラートリートメントの使い方

レゴで作ったお人形カップル

カラートリートメントには2通りの使い方があります。

シャンプー後、リンスやトリートメントを使用する代わりに使います。

シャンプー前の乾いた髪に使います。

カラートリートメントをシャンプー後に使う時

シャンプー後、水分をしっかり拭き取ります。
水分を拭き取らずにカラートリートメントを塗ると、顔や体に薬剤が垂れてきて悲惨です。

②塗った後、10分程度(商品によって違いあり)おきます。

色が出なくなるまでしっかりすすぎます。

 

カラートリートメントをシャンプー前の乾いた髪に使う時

ワックスなどの整髪料が付いていたら使えません

前開きの服に着替えます。
かぶるタイプの服のまま薬剤を付けてしまうと、後が大変です。

②薬剤をつけた後、ヘアキャップをかぶった方が良いです。

③30分程度(商品によって違いあり)おきます。

④その後、いつものシャンプー・トリートメント(リンス)で洗います
色が出なくなるまでしっかりすすいでください。

どんなにしっかりすすいでも、次の日のシャンプーで、また色が出る時があります。
いつもそうなので、そんなものだと思っています。

自宅で白髪染めをしたことがある人は、白髪染めに比べたらずいぶん扱いやすいと感じられますよ。

※顔に付いたものは、石鹸や洗顔フォームで落ちます。
※手についたものは、シャンプーしているうちに落ちます。
※風呂場に薬剤が飛び跳ねても、シャワーをかければ落ちます。
(あらかじめ風呂場をシャワーで濡らしておくと、さらに落ちやすいです)

 

白髪染めと縁を切り、カラートリートメントに切り替えた私が感じていること

白髪染めは頭に「白髪がない」状態を作り出すものです。

カラートリートメントは「白髪が目立たない」状態を作り出すものです。

2週間~3週間後、色落ちしてきたなと感じた頃に、またカラートリートメントを使います。

それを繰り返しています。

カラートリートメントに切り替えてから5年経ち、現在60歳ですが、白髪が増えている気が全然しないのです。

「白髪染めをすると白髪が増える」と聞いたことがあります。

インターネットや雑誌で、「白髪染めは、さらに白髪を増やす」という記事が注目を集めています。
「白髪染め」には活性酸素である「過酸化水素」が含まれています。これが白髪の発生を高めてしまうのです。
「過酸化水素」は人間がもともと持つ酵素「カタラーゼ」や「グルタチオンペルオキシダーゼ」によって日々分解されますが、年を取るにつれて少なくなってしまいます。
毛包あるいは毛幹に「過酸化水素」が蓄積していくことで、白髪になってしまうのです。

『美通販 情報チャンネル』より

 

カラートリートメントに切り替えてから白髪が増えている気がしないのも、まんざら気のせいではないようです。

カラートリートメントが頭皮や髪に優しいから、使い続けていることもありますが、何より私はカラートリートメントの自然な仕上がりが好きです。

ずっと白髪染めをしてきた人はカラートリートメントの中途半端な染め上がりに、最初違和感があるかもしれません

でも、いろいろなトーンの髪色が混ざり合っているのも自然でいいですよ。

ドンキ
ドンキ
白髪染めで傷んで艶がなくなってしまった髪より、うっすらと白髪は見えるけれど、健康的で艶のある髪の方が魅力的じゃないかなと思って、カラートリートメントを使い続けています。

私は『マイナチュレ』と『テンスター ヘナ カラートリートメント』を持っています。

現在、主に使っているのは『マイナチュレ』です。

『テンスター ヘナ カラートリートメント』に不満はありませんが、『マイナチュレ』の方が、染め上がりがきれいな気がしています。

▼『マイナチュレ』公式サイトはこちらです▼
 毛髪診断士&美容師が商品開発【マイナチュレカラートリートメント】

『マイナチュレ』のお買い得情報

2本定期コースの場合
初回 9,460円 →3,380円(実質1本無料)64%OFF
2回目以降 6,760円

1本定期コースの場合
初回 4,730円 →3,000円 36%OFF
2回目以降 3,380円

上記の金額はすべて税別です。

送料について 定期コースは送料無料通常購入は全国一律750円

本数・お届け周期のご変更・解約は、次回お届け予定日の10日前までに連絡ください。

30日間の全額返金保証
ご満足いただけなかった場合、商品注文日より30日以内(予約販売品は発送日より30日以内)に電話で連絡ください。
商品代金全額返金の流れをご案内します。

▼お買い得情報詳細は『マイナチュレ』公式サイトでご確認ください▼
 毛髪診断士&美容師が商品開発【マイナチュレカラートリートメント】

▼リーズナブルなものをお求めなら『テンスターカラートリートメント』▼

【送料無料・まとめ買い×3】三宝商事 テンスター ヘナ カラートリートメント ダークブラウン 250g×3点セット ( 4901646140524 )

価格:4,100円
(2020/9/28 14:28時点)
感想(13件)

ABOUT ME
ドンキ
60歳バツイチのドンキです。 いろんなことにチャレンジして、人生の後半戦を楽しく過ごしたいです。
こちらの記事もおすすめ